ほわほわ日記

ココロとカラタ゜をここち良く、装いを楽しみ、わくわくを見つけよう

--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.05.22

幸せの経済学

ドキュメンタリー映画『幸せの経済学』をみてきました。
先日の自力整体シェア会で案内くださった
予防医学指導士渡辺 叔恵(わたなべよしえ)さんが
ブースで自力整体の体験イベントの告知されてました。
ガラス張りのモダンなつくりなのにお寺の本堂という珍しい場所で
自力整体ができます。
他にも体にいいクッキングセミナーもあるそうで面白そう。
詳しくは上記の反転するところをクリックください。


監督のヘレナ・ノーバーグ・ホッジさん
「自分と自然とのつながりを感じることがローカリゼーション、
つまり地域に根ざした循環型社会の第一歩」と強調した。

映画ではエネルギーの地産地消、
伝統文化の尊重を呼び掛けた。
グローバリゼーションは大企業の巨大化世界席巻を助長し
中小企業に不利、弱いものを使い捨てで貧富の差を拡大してきた。
地域で豊かにくらそう、と。

消費文化が入ってくる前は自然と調和して皆が豊かだったのに
やってきたアメリカの大量消費文化の魅力に古い文化が
価値がなくおもえていった。
しかしその後は失業者と環境破壊が残った。
おいしいところは都市へ。つまらないところは田舎におしつけられた。

エネルギーを作る機能が1か所に集中。
震災で事故を起こし、都市機能が混乱。

震災で今までのシステムの不完全なところを思い知らされた。
これからはエネルギーも地域で。

トークセッションで名古屋大学大学院高野雅夫准教授のお話。
NPOとマイクロ水力発電で発電した少しの電力でも
ノートパソコン、ミニ冷蔵庫、小さめ洗濯機、照明は賄えた。
わずかな照明は手作り野菜を賞味するときのように愛おしく思えたそう。

手しおにかけたものを大事に使う。

つくった人の顔の見えない電力を無駄使いしていた。
近くの知らない人ときょうの映画、トークセッションについての
感想をアウトプットする時間があり、それも面白かったです。

ブースも自然と健康にやさしいものがいっぱい。
ゆっくりみる時間がなかったですが、夕飯のおかずにコロッケがゲットできて満足。

終了して気になる人がみえて、
思い切ってお声をかけたら、
感動の再会でした!
おもわず、うれしくて手を握ってしまいました。
卒・原発パレードで袴をきてくださった
パレード代表の関口詩織さん。
その時の写真はこちら
ブログ投稿
あの時は巻き毛のかつらにリボンをつけてらしたので
今日はスーツ姿でみちがえました。
どちらもすてきです。
こんなに若い方が社会へ意見を投げかける。
その姿に目覚めさせられます。

6月11日にも、パレードがあるそうです。
前回参加しそびれた方、次は声をあげましょう。
脱・原発。

新月の祈り~黄うさぎキィちゃん
キィちゃんバナーs


ココロとカラダがスッキリ、エネルギーアップの自力整体教室
自力整体教室バナー

心のつまりを流し、明るい一歩を踏み出すタロット・カウンセリング
タロットバナー

渡辺カリンの創作人形の世界
渡辺カリン人形の世界

冠婚葬祭衣裳レンタルの貸衣装の渡辺衣裳店
貸衣装店







スポンサーサイト

COMMENT

COMMENT FORM

TRACKBACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。